Razer Abyssus ゲーミングマウス システム要件

image1

1 | razer™

目次

1. パッケージ内容/システム要件  3

2. 登録/テクニカルサポート  3

3. 主な特長  4

4. RAZER ABYSSUS インストール方法  5

5. RAZER ABYSSUS の設定  6

6. 安全性とメンテナンス  22

7. 法的権利  24

2 | For gamers. by gamers.™

1.パッケージ内容/システム要件

パッケージ内容

 Razer Abyssus ゲーミングマウス

システム要件

 空き USB ポート搭載の PC / Mac
 Windows® 8 / Windows® 7 / Windows Vista® / Windows® XP 32 ビット / Mac OS X (10.7 ~ 10.9)
 インターネット接続
 100MB のハードディスク空き容量
1.登録/テクニカルサポート

登録

Synapse アカウントにサインアップすると、製品の残り保証期間をリアルタイムに確認できます。Synapse とそのすべての機能に関する詳細は、 www.razerzone.com/jp-jp/synapse を参照してください。すでに Synapse ユーザーの場合は、Synapse アプリケーションでアカウントをクリックして製品を登録し、ドロップダウンリストから保証ステータスを選択します。製品をオンラインで登録するには、 www.razerzone.com/registration にアクセスしてください。Web サイトから登録する場合は、保証期間を表示できなくなりますのでご注意ください。

テクニカルサポート

登録による特典:

2年間の製造元限定保証。
www.razersupport.comでの無料のオンライン技術サポート(英語のみ)。

3 | razer™

3.主な特長

image2

A.左マウスボタン
B.右マウスボタン
C.スクロールホイール
D.Razer Precision 3G 赤外線センサー
E.Ultraslickマウスソール

4 | For gamers. by gamers.™

4. RAZER ABYSSUS インストール方法

image3

手順 1: ご使用のコンピュータの USB ポートにお客様の Razer デバイスを接続して下さい。

手順 2: プロンプト* が表示されたら、Razer Synapse をインストールするか、 インストーラーを www.razerzone.com/jp-jp/synapse からダウンロードします。

手順 3: Razer ID を作成するか、お持ちの Razer ID で Synapse にログインします。

*Windows 8 以降の場合。

5 | razer™

5. RAZER ABYSSUS の設定

免責事項: 下記の機能を使用するためには、Razer Synapse のインストールが必要となります。 また、これらの機能は、現在のソフトウェアのバージョンならびにご使用のオペレーティングシステムに基づき変更される場合があります。

(マウス) タブ

Razer Synapse をインストールした後の初期起動画面では[マウス] タブが表示されます。このタブではデバイスのプロファイルや、ボタンの割り当て、パフォーマンスやライティングをカスタマイズできます。

image4

6 | For gamers. by gamers.™

プロファイル

プロファイルとは、すべてのカスタム設定を整理することができる便利な機能で、ユーザーは無数のプロファイルを自由に設定できます。各タブに変更を加えると、現在のプロファイルに自動的に保存され、クラウドサーバーに保存されます

image5

image6ボタンをクリックするとプロファイルを新規作成でき、image7ボタンをクリック

すると現在のプロファイルが削除されます。image8 ボタンをクリックすると、プロファイルのコピー、インポートおよびエクスポートが可能です。現在のプロファイルの名前はデフォルトで「プロファイル」ですが、[プロファイル名] の下にあるテキストフィールドに入力して名前を変更できます。[プログラムをリンク] オプションを使用して、各プロファイルは、プログラムまたはアプリケーションの実行時に自動的にアクティブ化されるように設定できます。

7 | razer™

(カスタマイズ) タブ

(カスタマイズ) タブでは、ゲームのニーズに合わせたボタンの割り当てなど、デバイスの基本的な機能を変更できます。 このタブで行った変更は、現在のプロファイルに自動的に保存されます。

トップビュー

トップビューでは、3 つの基本のマウスボタンとマウスホイールをカスタマイズできます。

image9

8 | For gamers. by gamers.™

[キー割り当て] メニュー

最初、各マウスボタンは、 (初期設定) へ設定されています。目的のボタンをクリックして、[キー割り当て] メニューにアクセスし、これらのボタンの機能を変更することもできます。

image10

以下に、カスタマイズのオプションとその説明を示します。

image11 デフォルト

このオプションでは、指定したキーの機能を初期状態に戻すことができます。 初期状態を選択するには、[キー割り当て] メニューから [デフォルト] を選択するだけです。

9 | razer™

image12キーボード機能

このオプションを使用すると、マウスボタンにキーボードの機能を割り当てできます。キーボード機能を選択するには、[キー割り当て] メニューから[KEYBOARD FUNCTION (キーボード機能)]を選択し、指定されたフィールドに使用するキーを入力します。 Ctrl、Shift、Alt、あるいはこの組み合わせといった、修飾キーを含めることもできます。

image13マウス機能

このオプションを使用すると、マウスボタンを別のマウス機能に変更できます。マウス機能を選択するには、[キー割り当て] メニューから (マウス機能) を選択します。 (ボタンの割り当て) サブメニューが表示されます。

以下に、 (ボタンの割り当て) サブメニューから選択できる機能を示します。

左クリック  – 割り当てられたボタンを使用するとマウスの左クリックを実行し

ます。

右クリック  – 割り当てられたボタンを使用するとマウスの右クリックを実行し

ます。

スクロールクリック – ユニバーサルスクロール機能を実行します。

ダブルクリック  – 割り当てられたボタンを使用するとマウスの左ダブルクリックを

実行します。

マウスボタン 4  – ほとんどのインターネットブラウザにおける「戻る」コマンドを実

行します。

マウスボタン 5  – ほとんどのインターネットブラウザにおける「進む」コマンドを実

行します。

上スクロール  – 割り当てられたボタンを使用すると「上スクロール」コマンドを実

行します。

下スクロール  – 割り当てられたボタンを使用すると「下スクロール」コマンドを実

行します。

左スクロール  – 左スクロール、もしくは割り当てられたコマンドを実行します。

右スクロール  – 右スクロール、もしくは割り当てられたコマンドを実行します。

10 | For gamers. by gamers.™

image14 感度

感度とは、マウスポインタが画面上をどのくらいの速度で移動するかを指します。 ドロップダウンメニューから (感度) を選択すると、サブメニューが表示され、次のオプションを選択できます。

(感度ステージアップ)

(感度ステージダウン)

(感度クラッチ)

– 現在の感度を 1 ステージ上げます。 感度ステージ

の詳細については、(パフォーマンス) タブを参照して

ください。

– 現在の感度を 1 ステージ下げます。 感度ステージ

の詳細については、 (パフォーマンス) タブを参照して

ください。

– 指定したボタンを押している間、事前に設定した感

度に変更します。ボタンを離すと、押す前の感度に戻

ります。

On-The-Fly Sensitivity

(感度のリアルタイム調整)]

感度ステージを上げる

感度ステージを下げる

– 割り当てたボタンを使用して現在の感度をすぐに調

整できます。 [On‐The‐Fly Sensitivity (感度のリアル

タイム調整)] が設定された場合、指定したボタンを押

しながら、スクロールホイールを回すと、画面上に現

在の感度を示すバーが表示され、感度レベルを変更

できます。

– 感度 レベルを上げていき、最高感度レベルに達し

た後、ボタンをもう一度押すと、感度レベル 1 に戻り

ます。感度レベルの詳細については、パフォーマンス

タブ を参照してください。

– 感度 レベルを下げていき、感度レベル 1 に達した

後、ボタンをもう一度押すと、最高感度レベルになり

ます。感度レベルの詳細については、パフォーマンス

タブ を参照してください。

11 | razer™

image15 デバイスの相互操作

デバイスの相互操作機能を使用すると、他の Razer Synapse 対応デバイスの機能を変更できます。 これらの機能の一部は、 Razer ゲーミングキーボードを使用して Razer ゲーミングマウスの感度ステージを変更する場合など、デバイス固有の機能です。[ボタンの割り当て] メニューでデバイスの相互操作機能を選択すると、サブメニューが表示されます。

[リンクするデバイス] では、現在接続されている Razer デバイスのどれをリンクするか選択でき、[機能] ではリンク先デバイスで使用する機能を選択できます。

image16 マクロ

マクロとは、事前に記録されたキーストロークとボタンの押下のシーケンスを正確なタイミングで実行する機能です。ボタンにマクロを割り当てると、複雑な組み合わせを簡単に実行できるようになります。 (マクロの割り当て) では、記録済みのマクロから使用するものを選択でき、[再生オプション] からマクロの動作方法を選択できます。マクロコマンドの作成の詳細については、 (マクロ) タブを参照してください。

image17 プロファイルの切り替え

(プロファイルの切り替え) を使用すると、すぐにプロファイルを変更して、事前に設定した設定をすべてロードすることができます。[キー割り当て] メニューから [プロファイルの切り替え] を選択すると、サブメニューが表示され、使用するプロファイルを選択できます。プロファイルを切り替えるたびに、画面にプロファイル名が自動的に表示されます。

image18 プログラムを起動

(プログラムを起動)] を使用すると、割り当てたボタンを使用してプログラムやアプリケーションを実行できます。 ドロップダウンメニューから (プログラムを起動) を選択すると、image19 ボタンが表示され、指定するプログラムやアプリケーションを検索できます。

12 | For gamers. by gamers.™

image20 マルチメディアファンクション

このオプションを使用すると、お使いのデバイスにマルチメディア再生コントロールをバインドできます。マルチメディアファンクションを選択すると、サブメニューが表示されます。サブメニューから選択できるマルチメディア再生コントロールを以下に一覧します。

音量ダウン

音量アップ

音量をミュート

マイク音量アップ

マイク音量ダウン

セルフミュート

すべてミュート

再生 / 一時停止

前のトラック

次のトラック

– オーディオ出力を減らします。

– オーディオ出力を増やします。

– オーディオをミュートにします。

– マイクのボリュームを上げます。

– マイクのボリュームを下げます。

– マイクをミュートにします。

– マイクとオーディオ出力を両方ミュートにします。

– 現在のメディアを再生、一時停止、または再生を再開します。

– 前のトラックを再生します。

– 次のトラックを再生します。

image21 Windows 8 チャーム

このオプションを使用すると、キーをオペレーティングシステムのショートカットコマンドに割り当てることができます。詳細については、以下をご覧ください: http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/getting-around-tutorial

image22 Windows ショートカット

このオプションを使用すると、キーをオペレーティングシステムのショートカットコマンドに割り当てることができます。詳細については、以下をご覧ください: http://support.microsoft.com/kb/126449/ja

image23 無効

このオプションを使用すると、割り当てたボタンは使用できなくなります。ボタンが不要な場合、あるいは特定のボタンがゲームの障害となる場合に、 (無効) を使用してください。

13 | razer™

(パフォーマンス) タブ

(パフォーマンス) タブを使用すると、マウスポインタのスピードと精度を高めることができます。(カスタマイズ) タブと同様に、ここで行う変更は自動的に現在のプロファイルに保存されます。

image24

以下に、パフォーマンスオプションとその説明を示します。

感度

感度とは、マウスのポインタを任意の方向に動かす為に必要な、マウスを動かす距離の割合です。 感度が高ければ高いほど、マウスの反応が敏感になります。(推奨設定値:1600 – 1800 DPI)

14 | For gamers. by gamers.™

X-Y 軸感度を有効にする

初期設定では、X 軸 (水平) と Y 軸 (垂直) は同じ感度値を使用しています。しかし、 (X-Y 軸感度を有効にする) オプションを選択すると、各軸に異なる感度値を設定できます。

感度ステージを設定する

感度ステージとは事前に設定可能な感度値です。感度ステージのアップ/ダウンボタンを使用して切り替え可能となる、最大 5 つの異なる感度ステージを作成できます。

加速

マウスを動かすスピードによって、カーソルの感度がアップします。値が高ければ高い

ほど、マウスはより素速く加速します。

(推奨設定値:Windows 0, Mac 5)

ポーリングレート

ポーリングレートが高くなればなるほど、コンピュータはマウスの状態に関する情報を受け取る頻度が増え、マウスポインタの応答速度が向上します。 ドロップダウンメニューで使用するポーリングレートボタンを選択すると、125Hz (8 ミリ秒)、500Hz (2 ミリ秒)、 1000Hz (1 ミリ秒) にそれぞれ切り替えることができます。(推奨設定:500Hz – 1000Hz)

15 | razer™

ライティング タブ

(ライティング)] タブでは、Razer Abyssus のLEDライト を設定できます。前述のタブと同様に、ここで行う変更も自動的に現在のプロファイルに保存されます。

image25

16 | For gamers. by gamers.™

(マクロ) タブ

(マクロ) タブを使用すると、一連の正確なキーストロークとボタンの押下をプログラムできます。このタブを使用して、さまざまなマクロの設定や、非常に長いマクロコマンドを自由に作成できます。

image26

マクロセクションでは、プロファイルと同様に、下の (マクロ名) のフィールドに入力する

ことでマクロ名を変更できます。マクロセクションでは、 image27 ボタンをクリックして新

しいマクロを作成したり、image28 ボタンをクリックして現在のマクロを削除したり、

image29 ボタンをクリックして現在のマクロを複製したりといった、その他のオプションも使用できます。

マクロの作成を開始するには、image30 ボタンをクリックします。この後に入力される、すべてのキーストロークとボタンの押下が自動的にマクロ画面へ記録されます。

マクロコマンドの記録が終了したら、image31 ボタンをクリックしてセッションを終了します。

17 | razer™

マクロセクションでは、コマンドの間隔時間を入力できます。 (間隔の記録) 状態では、コマンドの間隔時間が入力されたとおりに記録されます。 (間隔の設定) 状態では、事前に定義した間隔時間 (秒で表示) が間隔として挿入されます。 (間隔無し) 状態では、キーストローク及びボタン押下の間隔がすべて排除されます。

image32

注記: sec (秒) フィールドに値を入力する際には、小数点以下 3 桁 まで指定できます。

18 | For gamers. by gamers.™

マクロを記録後に、マクロ画面で様々なコマンドを選択して、入力したコマンドの編集ができます。各キーストロークまたはボタン押下は、画面上部に表示される最初のコマンドと連続して配列されます。

image33

image34 ボタンを使って、特定のコマンドを編集できます。image35 ボタンでコマンドを

削除できます。 image36 ボタンとimage37 ボタンを使って、選択コマンドを上下に移動

できます。image38 ボタンは、選択したコマンドの前後に追加のキーストローク、ボタン押下または間隔時間を挿入できます。

19 | razer™

(挿入) ボタンを押すと、新しいディスプレイウィンドウがマクロコマンドのリストの横に表示されます。 このウィンドウのドロップダウンメニューから、ハイライトされているマクロコマンドの前後に追加するキーストロークまたは間隔を選択できます。

image39

20 | For gamers. by gamers.™

image40

キーストロークメニューのimage41 ボタンをクリックして新しいマクロコマンドセットを追加するか、間隔メニューを使って間隔フィールドに間隔時間を入力できます。

image42

21 | razer™

6.安全性とメンテナンス

安全に使用するためのガイドライン

Razer Abyssus の使用時に最大限の安全を保証するため、以下のガイドラインに従うことを推奨します。

1.マウスのトラッキング光線を直に見たり、他の人の目に向けたりしないでください。 トラッキング光線は裸眼では見えませんが、常に放射されています。
2.デバイスの操作に問題があり、トラブルシューティングで解決できない場合は、デバイスを取り外し、Razer ホットラインに連絡をするか、www.razersupport.comからサポートを依頼してください。どのような状況においても、ご自身で修理を試みないでください。
3.デバイスの分解 (保証の適用外になってしまいます)、ご自身で修理を行う、問題のある状態で操作することなどは絶対にしないでください。
4.デバイスを、液体、湿気、または水分などに触れないようにしてください。 デバイスは指定した温度範囲である、0˚C (32˚F) から 40˚C (104˚F) 以内で使用してください。この範囲外の温度で使用した場合、適温範囲に温度が安定するまでデバイスを取り外して、電源をオフにしておきます。

快適性

マウスを快適に使用するためのヒントです。研究によると、長時間の同じ動きの繰り返し、コンピュータ周辺機器の不適切な位置、不適切な姿勢、そして悪い習慣などは身体的な快適性を損ない、神経、腱や筋肉の障害につながる可能性があります。以下のガイドラインにしたがって、Razer Abyssus を快適に使用して、怪我を防いでください。

1.キーボードとモニタを正面に置き、マウスをその横に置きます。肘は体の横のあまり遠くない位置になるようにし、簡単にマウスへ届くようにします。
2.椅子とテーブルの高さを調節し、キーボードとマウスが肘よりも低い位置になるようにします。

22 | For gamers. by gamers.™

3.足はしっかりと支えのある場所に置き、姿勢を正し、肩の力を抜きます。
4.ゲーム中は、手首の力を抜きまっすぐにしておきます。手で同じ動作を繰り返す場合は、長時間手を曲げたり、伸ばしたり、ひねったりすることは避けてください。
5.手首を堅い面に長時間乗せないようにします。ゲーム中はリストレストを使い、手首をサポートしてください。
6.ゲーム中の繰り返しや、厄介な操作を最小限にするために、マウスのボタンをお好みのゲーミングスタイルにカスタマイズしてください。
7.マウスが、快適に手の内に収まることを確認します。
8.長時間同じ姿勢で座らないようにしてください。休憩を挟んで立ち上がり、デスクから離れて、腕、肩、首と脚を伸ばすような運動をしてください。
9.マウスの使用中に手、手首、肘、肩、首、または背中に、痛み、麻痺、またはしびれのような身体的に不快適さを感じた場合は、直ちに医師の診断を受けてください。

メンテナンスと最適な使用環境

Razer Abyssus を最適な条件で維持するためには、最低限のメンテナンスが必要です。月に一度、デバイスを USB ポートから取り外して、お湯で湿らせた柔らかな布か麺棒などを使って、埃がたまらないように清掃することを推奨します。 石鹸や強力な洗剤などは使わないでください。

最適な動きやコントロールを得るには、Razer の高品質なマウスパッドの使用を推奨します。特定のパッドでは、マウスソールに過剰な磨耗を生じさせることもあり、定期的な手入れや、最終的には交換が必要となってしまいます。

Razer Abyssus のセンサーは、Razer のマウスパッドで最適に働くように調整されています。これは、広範囲にわたるセンサーテストの結果、Razer Abyssus の読み取りとトラッキングが Razer のマウスパッドで最適に行われることを確認しているということです。

23 | razer™

7.法的権利

著作権および知的財産権情報

Copyright © 2010-2013 Razer Inc. All rights reserved. Razer, For Gamers By Gamers 三つ首ヘビのロゴは、Razer Inc.および/または米国あるいはその他の国にある関連会社の商標または登録商標です。Windows および Windows ロゴは、 Microsoft グループ企業各社の商標です。 Mac OS 、 Mac 、および Mac のロゴは、米国およびその他の国で登録されている Apple, Inc.その他すべての登録商標は、それぞれの企業の所有物です。

Razer Inc. (「Razer」) は、本マスターガイドに記載されている製品に関する、著作権、商標、企業秘密、特許、特許出願、またはその他の知的財産権を (登録、未登録に関わらず) 所有することができます。本マスターガイドの提供により、上述の著作権、商標、特許、または他の知的所有権の使用許諾がお客様に付与される訳ではありません。 Razer Abyssus (「製品」) は、パッケージなどに掲載された写真と異なる場合があります。Razer は、上記のような違いまたは外観上の誤りには責任を負わないものとします。本書に記載されている情報は、予告なく変更される場合があります。

製品の限定保証

製品の限定保証の最新かつ現行の条件については、www.razerzone.com/warrantyを参照してください。

法的責任の制限

いかなる場合も、Razer は、製品の流通、販売、転売、使用、または製品が使用できないことから生じる、いかなる利益損失、情報やデータの喪失、特別な、偶発的な、間接的な、懲罰的な、必然的な、または偶発的な損傷に責任を負いません。いかなる場合も、Razer 社の債務は、製品の小売購入額を超えることはないものとします。

24 | For gamers. by gamers.™

調達費

誤解を避けるために、Razer は、損傷の可能性を知らされていた場合を除き、いずれの調達費に対して責任を負いません。また、Razer は、購入時に支払われた小売金額を超える調達費にはいかなる責任も負わないものとします。

一般条件

上記条件は、製品が購入された法域の法律の下で管理、解釈されるものとします。本書内のいずれかの条項が無効あるいは法的強制力がないと考えられる場合、その条項は (その条項が無効あるいは法的強制力がない限りにおいて) 無効となり、残りの条項のいずれも無効になることなく、除外されるものとします。 Razer 社は、いずれの条項も予告なしにいつでも修正する権利を留保します。

25 | razer™

Leave a Reply 0

Your email address will not be published. Required fields are marked *


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.